ksyms(8) エクスポートされているカーネルシンボルを表示する

書式

ksyms [-ahm]

説明

ksyms は、エクスポートされているカーネルシンボルに関する情報を表示する。表示 フォーマットはアドレス、名前、定義が行われているモジュールである。

オプション

-a, --all
全てのシンボルを表示する。デフォルトでは、カーネル固有のシンボルは 表示されない。
-h, --noheader
ヘッダ行を表示しない。
-H, --help
オプションの一覧を表示して終了する。
-m, --info
モジュールの情報を表示する。各モジュールがロードされているカーネル空間上の アドレスとモジュールの大きさも表示する。
-V, --version
ksyms のバージョンを表示する。

バグ

ksyms [ -V | --version ] は直ちに終了するべきである。 しかしながら、現在はバージョン情報を表示した後、 何もオプションが指定されなかったかのように振舞う。

履歴

ksyms を最初に考えたのは Bjorn Ekwall <[email protected]e> である。
'-m' オプションを考えたのは David Hinds <[email protected]> である。
バージョン 2.1.17 への更新は Richard Henderson <[email protected]> が行った。