help2man(1) 簡易マニュアルページの生成

書式

help2man [,OPTION/]... ,EXECUTABLE/

説明

`help2man' は `--help' および `--version' の出力を元にマニュアルページを生成する。

引数 EXECUTABLE には、マニュアル作成の対象とするコマンドを指定する。

-n, --name=,STRING/
「名前」セクションで使うコマンドの短い説明
-s, --section=,SECTION/
マニュアルページが所属するセクションの番号 (1, 6, 8)
-m, --manual=,TEXT/
マニュアルの種類 (ユーザコマンド, ...)
-S, --source=,TEXT/
プログラムの出自 (FSF, Debian, ...)
-L, --locale=,STRING/
ロケールを選択する (デフォルトは "C")
-i, --include=,FILE/
`FILE' から原稿を取り込む
-I, --opt-include=,FILE/
`FILE' が存在した場合 `FILE' から原稿を取り込む
-o, --output=,FILE/
`FILE' へ出力を送る
-p, --info-page=,TEXT/
Texinfo マニュアルの名前
-N, --no-info
Texinfo マニュアルの紹介を省略する
-l, --libtool
プログラム名から `lt-' を取り除く
--help
簡単な使い方を表示し終了する
--version
バージョン番号を表示し終了する

マニュアル作成の対象になるコマンドは、--help や --version というオプションを受け入れて、 標準出力にメッセージを表示するようになっているべきである。 もっとも、以下のオプションを使えば、--help や --version に相当する別のオプションを指定することが可能だ。

-h, --help-option=,STRING/
ヘルプ表示オプションの文字列
-v, --version-option=,STRING/
バージョン表示オプションの文字列
--version-string=,STRING/
バージョンとして表示する文字列
--no-discard-stderr
オプションの出力を解析するときに標準エラー出力を含める

インクルードファイル

--include--opt-include オプションを使用すると、生成する出力に追加の原稿を取り込むことができる。ファイルの書式は単純である。


    [セクション]
    本文


    /パターン/
    本文

本文は *roff のテキストであり、出力中の、指定された [セクション] (大文字・小文字は区別されない) の先頭部分や /パターン/. にマッチするパラグラフの直後に、そのままの形で挿入される。

パターンには Perl の正規表現の文法を使用する。修飾子の i , s , m を後に付けることもできる ( perlre(1)を参照)。

最初のセクションやパターンより前にある行で、'-' で始まっている行は、 オプションとして処理される。それ以外は、何もせずに無視されるのでコメントや RCS のキーワードなどに使用することができる。

セクションの出力順序:


    名前
    書式
    説明
    オプション
    環境変数
    ファイル
    例
    その他
    作者
    バグの報告
    著作権
    関連項目

インクルードファイルに [名前][書式] というセクションがあれば、そこに記述した内容が、自動的に生成される内容のかわりに出力される。
 (もっとも、どうしても必要ならば、前者については、 --name オプションを使って、さらに置き換えることができるが。)

それ以外のセクションについては、上記の標準的なセクションのために 自動的に生成される出力の前に挿入されるか、あるいは、(上記の) その他 の位置に、インクルードファイル中で見つかった順番で取り込まれる。

デフォルトの出力の代わりに、 [<section]、 [=section] あるいは [>section] という文法を使うことでセクション内での追加の原稿の配置を明示的に要求することができる。 それぞれ追加の原稿を元の文章の前、元の文章の代わりに、 あるいは元の文章の後に配置する。

入手先

この配布物の最新バージョンは次の場所から入手可能である。


    ftp://ftp.gnu.org/gnu/help2man/

作者

作者は Brendan O'Dea <[email protected]> である。

バグの報告

バグを発見した場合は <[email protected]g> に報告されたい。

著作権

Copyright © 1997, 1998, 1999, 2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2005, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions. There is NO warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.