djvumake(1) DjVu 画像ファイルを結合します。

書式

djvumake djvufile [chkid=argument]...

説明

プログラム djvumake は シングルページの DjVu ファイル djvufile を結合して、指定された引数に従ってコピーしたりチャンクを新たに作成したりします。 サポートされる引数は以下のとおり:
INFO=w,h,dpi
情報チャンクを作成します。引数 whdpi は、幅、高さ解像度を示します。全ての引数は省略することが出来ます。 デフォルトの解像度は 300 DPI です。デフォルトの幅と高さは、コマンドライン オプションの最初のマスクチャンクから取得されます。
Sjbz=jb2file
JB2 前景マスクチャンクを作成します。ファイル jb2file は生の JB2 データ、またはプログラム cjb2 で作成した JB2 データを含む DjVu ファイルを指定することが出来ます。
Smmr=mmrfile
MMR/G4 前景マスクチャンクを作成します。ファイル mmrfile は生の MMR データ、または MMR データを含む DjVu ファイルを指定することが出来ます。
BG44=iw44file[:n]
一つまたは複数の IW44 背景チャンクを作成します。ファイル iw44fileIW44 データを含んでいる必要があります。 このようなファイルは背景画像をプログラム c44 で圧縮して、プログラム djvuextract で生の IW44 データを取り出すことで得られます。 オプション引数 n は IW44 ファイルからコピーするチャンクの数を示します。 チャンク数を省略すると全ての使用可能なチャンクをコピーします。
BGjp=jpegfile
JPEG エンコードの背景チャンクを作成します。 ファイル jpegfileJPEG エンコードのデータである必要があります。
BG2k=jpegfile
JPEG-2000 の背景チャンクを作成します。 ファイル jpegfileJPEG-2000 エンコードのデータである必要があります。 現バージョンの DjVu デコーダは JPEG-2000 データを含むファイルの描画には対応しておりません。
FGbz=bzzfile
JB2 エンコードのチャンクに一つの色を持つ前景カラーチャンクを作成します。 ファイル bzzfiledjvuextract コマンドを使用して既存の DjVu ファイルからチャンクデータを取り出し 作成するのが最善の方法です。
FG44=iw44file
IW44 前景カラーチャンクを作成します。 ファイル iw44fileIW44 データである必要があります。 このようなファイルは背景画像をコマンド c44 で圧縮して、プログラム djvuextract で生の IW44 データを取り出すことで得られます。 最初のチャンクのみがコピーされます。
FGjp=jpegfile
JPEG の前景カラーチャンクを作成します。
FG2k=jpegfile
JPEG-2000 の前景カラーチャンクを作成します。 現バージョンの DjVu デコーダは JPEG-2000 データを含むファイルの描画には対応しておりません。
INCL=fileid
fileid に指定された名前のコンポーネントファイルをさす DjVu3 形式のインクルードチャンク を作成します。 出力されるファイルは djvm コマンドを使用してマルチページ文書化する必要があります。
PPM=ppmfile
PPM ファイル ppmfile をマスキングおよびサブサンプルして IW44 背景チャンク、および IW44 前景カラーチャンクを作成します。

たとえば、 PPM 形式の画像 myimage.ppm と、全く同じサイズで、黒ピクセルが前景に属するものとそうでないものを 示している PBM 白黒画像 mymask.pbm があるとします。この場合以下の二つのコマンドを使用して DjVuDocument を 作成することが出来ます:

cjb2 mymask.pbm mymask.djvu
djvumake my.djvu Sjbz=mymask.djvu PPM=myimage.ppm

正規の DjVu ファイルの構成については DjVu の仕様 ( http://www.djvuzone.org/djvu/djvu/djvuspec/ )をご覧ください。

クレジット

このプログラムは Léon Bottou <[email protected]> が開発し、 Andrei Erofeev <[email protected]> および Bill Riemers <docbi[email protected]> その他の方々により改良されました。 この man page は Nobchika Morimoto <[email protected]> が翻訳しました。

参照

djvu(1)、 djvuextract(1)、 cjb2(1)、 c44(1)