xditview(1) ditroff の出力を表示する

書式

xditview [ -toolkitoption ... ] [ -option ... ] [ filename ]

説明

xditview プログラムは ditroff の出力を X のディスプレイに表示する。このプログラムは特別な整形は行わ ず、プリンタ座標をスクリーン座標に自動変換する。この際には適切なフォン トを使えるように、実際の解像度ではなくユーザ指定の解像度を使用する。 引き数 filename に ``-'' を指定すると、 xditview は標準入力から入力を行う。 filename の最初の文字が ``|'' ならば、 xditviewsh を fork して残りの「ファイル名」を実行し、そのコマンドの標準出力への出 力を使用する。

オプション

xditview には、X ツールキットの標準のコマンド行オプションに加えて、以下に挙 げるオプションを指定することができる。
-page page-number
このオプションは、起動時に表示する文書中のページ番号を指定する。
-resolution screen-resolution
このオプションは使用するスクリーンの解像度を指定する。XLFD 名の解像度 フィールドにこの値を要求してフォントを開く。
-noPolyText
X サーバによっては、リクエスト1つに複数の文字列を含む複合テキストを正 しく実装できていないものがある。このオプションを指定すると、 xditview のこの機能が無効になる。
-backingStore backing-store-type
再表示には1秒程度の時間がかかる。このオプションを指定すると、サーバは ウィンドウの表示内容を保存する。そしてウィンドウがスクロールしてビュー ポートに入った場合、バッキングストアに保存された内容を使ってウィンドウ を描画する。 backing-store-type には Always, WhenMapped, NotUseful のいずれか1つを指定する。

以下の X ツールキット標準コマンド行オプションは、 xditview でも普通に使うことができる:

-bg color
このオプションはウィンドウの背景色に使う色を指定する。 デフォルト値は white である。
-bd color
このオプションはウィンドウの境界に使う色を指定する。 デフォルト値は black である。
-bw number
このオプションは、ウィンドウの周りの境界の幅をピクセル数で指定する。
-fg color
このオプションは、テキストの表示に使う色を指定する。デフォルト値は black である。
-fn font
このオプションは、ウィジェットのテキストの表示に使うフォントとを指定す る。デフォルト値は fixed である。
-rv
このオプションを指定すると、前景色と背景色を入れ換えることにより画面表 示の反転がシミュレートされる。
-geometry geometry
このオプションは、ウィンドウの位置とサイズを指定する。
-display host:display
このオプションは、接続する X サーバを指定する。
-xrm resourcestring
このオプションは、指定するリソース文字列を指定する。

X のデフォルト値

このプログラムは Dvi ウィジェットを使用する。このウィジェットはコアリソース名に加えて以下の リソースを認識する:

Specifies the width of the window. ウィンドウの幅を指定する。
Specifies the height of the window. ウィンドウの高さを指定する。
foreground (class Foreground)
デフォルトの前景色を指定する。
font (class Font)
エラーメッセージに使うフォントを指定する。
FontMap (class FontMap)
ditroff のフォントを適切な X のフォントに対応させるため、この文字列リソースに は改行区切りの指定の集合を与える。それぞれの指定は ditroff 名、空白文 字、全てのサイズを列挙できるように適切な場所に * を含むXLFD のパターン からなる。デフォルトの fontMap は以下である:
R       -*-times-medium-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
I       -*-times-medium-i-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
B       -*-times-bold-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
F       -*-times-bold-i-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
BI      -*-times-bold-i-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
C       -*-courier-medium-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
CO      -*-courier-medium-o-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
CB      -*-courier-bold-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
CF      -*-courier-bold-o-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
H       -*-helvetica-medium-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
HO      -*-helvetica-medium-o-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
HB      -*-helvetica-bold-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
HF      -*-helvetica-bold-o-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
N       -*-new century schoolbook-medium-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
NI      -*-new century schoolbook-medium-i-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
NB      -*-new century schoolbook-bold-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
NF      -*-new century schoolbook-bold-i-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
A       -*-charter-medium-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
AI      -*-charter-medium-i-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
AB      -*-charter-bold-r-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
AF      -*-charter-bold-i-normal--*-*-*-*-*-*-iso8859-1\n\
S       -*-symbol-medium-r-normal--*-*-*-*-*-*-adobe-fontspecific\n\
S2      -*-symbol-medium-r-normal--*-*-*-*-*-*-adobe-fontspecific\n

XDITVIEW と DITROFF を組み合わせての使用

適切な fontMap を指定すればスクリーン上での見え方をより正確にすること ができるが、これを行わなくても xditview は任意の ditroff の出力ファイルを使うことができる。 スケーラブルフォントをサポートしている X サーバにおいては、要求された 全てのフォントサイズは正確にスクリーンに反映される。スケーラブルフォン トをサポートしていない X サーバに対しては、 xditview は同じファミリから最も近いフォントを選ぶ。

プログラムの起源

このプログラムの移植は suntroff に由来する xtroff に端を発する。

著作権

Copyright ([,]*) X Consortium
権利と許諾に関する正式な声明については X(1) を参照すること。

著者

Keith Packard (MIT X Consortium)
Richard L. Hyde (Purdue)
David Slattengren (Berkeley)
Malcom Slaney (Schlumberger Palo Alto Research)
Mark Moraes (University of Toronto)