lxc-freeze(1) コンテナ内のプロセス全ての凍結

SYNOPSIS

lxc-freeze {-n name}

説明

lxc-freeze は、コンテナ内部で実行中のプロセスを全て凍結します。 プロセスは lxc-unfreeze コマンドによって明示的に解凍されるまでブロックされます。 このコマンドはプロセスのグループをスケジューリングするバッチマネージャに便利なコマンドです。

共通オプション

ここで紹介するオプションは lxc コマンドの大部分で共通のものです。
-?, -h, --help
通常より長い使い方のメッセージを表示します。
--usage
使い方を表示します。
-q, --quiet
出力を抑制します。
-P, --lxcpath=PATH
デフォルトと別のコンテナパスを使用します。デフォルトは /var/lib/lxc です。
-o, --logfile=FILE
追加のログを FILE に出力します。デフォルトは出力しません。
-l, --logpriority=LEVEL
ログの優先度を LEVEL に設定します。デフォルトの優先度は ERROR です。以下の値を設定可能です: FATAL, CRIT, WARN, ERROR, NOTICE, INFO, DEBUG。

このオプションは追加のログファイルへのイベントログの優先度の設定である事に注意してください。stderr への ERROR イベントのログには影響しません。

-n, --name=NAME
NAME という名前でコンテナを識別します。コンテナ識別子のフォーマットは英数字の文字列です。
--version
バージョン番号を表示します。

診断

The container was not found
指定したコンテナが lxc-create で作成されておらず存在しません。

作者

Daniel Lezcano <daniel.lezcano@free.fr>