Locale::Po4a::Common(3) po4a スクリプトの共通部分とユーティリティ

説明

Locale::Po4a::Common には、po4a スクリプトの共通部分と、他のモジュールで使用する便利な関数が含まれています。

Locale::Po4a をプログラム内で使用するには、以下のように記述し、Text::WrapI18N を無効にする必要がある可能性があります。

    use Locale::Po4a::Common qw(nowrapi18n);
    use Locale::Po4a::Text;

これは以下の記述を置き換えます。

    use Locale::Po4a::Text;

この順番は重要です。ほとんどの Locale::Po4a モジュールは、自分自身で Locale::Po4a::Common を読み込んでおり、このモジュールの初回読み込み時に、Text::WrapI18N を使用するように決定しているためです。

機能

出力メッセージを表示します。

  • show_version($)

    スクリプトのバージョンを表示し、簡単な著作権表示を行います。スクリプト名を引数として受け付けます。

  • wrap_msg([email protected])

    この関数は sprintf() と同じ方法でメッセージを表示しますが、端末で見た目がよいように折り返します。

  • wrap_mod([email protected])

    この関数は wrap_msg() と同じように動作しますが、第一引数にモジュール名を取ります。また、メッセージの左に空白を残しておきます。

  • wrap_ref_mod([email protected])

    この関数は wrap_msg() と同じように動作しますが、第一引数に file:line の参照を取ります。第二引数にはモジュール名を取り、メッセージに左に空白を残しておきます。

他のモジュールのラッパー

Locale::Gettext

Locale::Gettext モジュールが読み込めない場合、このモジュールは以下の関数のダミー (空) の実装を提供します。この場合、po4a でメッセージは翻訳されませんが、プログラムは動作を継続します。

Locale::gettext が有効なら、このラッパは setlocale(LC_MESSAGES, "") を呼び出し、呼び出し元が POSIX モジュールのいずれにも依存しないようにします。

  • bindtextdomain($$)
  • textdomain($)
  • gettext($)
  • dgettext($$)

著者

 Jordi Vilalta <[email protected]>

訳者

 倉澤 望 <[email protected]>
 Debian JP Documentation ML <[email protected]>

著作権・ライセンス

Copyright 2005 by SPI, inc.

本プログラムはフリーソフトウェアです。GPL の条項に基づき再頒布と変更を行うことができます (COPYING ファイルをご覧ください)。