bashbug(1) bash のバグを報告する

書式

bashbug [--version] [--help] [email-address]

説明

bashbug は、bash 関連のバグ報告を所定の形式で作成してメールで送付するのを補助 するシェルスクリプトです。 bashbug は環境変数 EDITOR で指定されたエディタを起動し、バグ報告形式の下書きの一時的なコピーを開 きます。ユーザは適切な項目を埋めてエディタを終了しなければなりません。 すると bashbug は完成した報告を [email protected]nu.org あるいは email-address 宛に メールで送ります。報告をメールで送れない場合、この報告はコマンドを実行 したユーザのホームディレクトリの dead.bashbug というファイルに 保存されます。

バグ報告形式の下書きは、複数の節からできています。最初の節には、 マシン、オペレーティングシステム、bash のバージョン、コンパイル環境が 書かれます。2 番目の節にはバグの説明を書かなければなりません。 3 番目の節にはバグを再現させる方法の説明を書かなければなりません。 4 番目の節(省略可能)は修正方法の提案のためのものです。 修正は歓迎されます。

環境

bashbug は、以下の環境変数が存在していれば、これらを使用します:
EDITOR
好みのエディタを指定します。 EDITOR が設定されていなければ、 bashbug はデフォルトで emacs を使います。
HOME
メールでの送信に失敗したバグ報告が保存されるディレクトリ。
TMPDIR
一時的なファイルやディレクトリが作成されるディレクトリ。

作者

Brian Fox, Free Software Foundation
[email protected]

Chet Ramey, Case Western Reserve University
[email protected]